コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

自山得吾 じさん とくご

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

自山得吾 じさん-とくご

1439-1522 室町-戦国時代の僧。
永享11年生まれ。曹洞(そうとう)宗。比叡(ひえい)山で顕密をまなぶ。のち甲斐(かい)(山梨県)広厳院の雲岫宗竜(うんしゅう-そうりゅう)にあって禅に転じ,大竜庵の一華文英(いっけ-ぶんえい)の法をつぐ。広厳院,相模(さがみ)(神奈川県)最乗寺住持をつとめた。大永(たいえい)2年5月16日死去。84歳。甲斐出身。俗姓は下山。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

自山得吾の関連キーワード戦国時代俊屋桂彦

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android