自然の国(読み)しぜんのくに

精選版 日本国語大辞典「自然の国」の解説

しぜん【自然】 の 国(くに)

① (regnum naturale の訳語) アウグスティヌストマス=アクィナスライプニッツなどの用語。道徳的、宗教的な意味をもつ「恩恵」または「神の国」に対立して、現実の世界の物理的、社会的、政治的な原理が支配する領域をさす。
カントでは、「目的の国」に対立して、自然法則(因果律)の支配する現象界、感性界をさす。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「自然の国」の解説

しぜん‐の‐くに【自然の国】

《〈ラテンregnum naturaleアウグスティヌストマス=アクィナスライプニッツなどの用語で、物理的、社会的、政治的原理に支配される、現実の世界。「恩寵の国」「神の国」に対する語。
カントの用語で、因果律が支配して人間の自由は考えられない自然の世界をさす。「目的の国」に対する語。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例