臭化アンモニウム(読み)しゅうかアンモニウム(英語表記)ammonium bromide

世界大百科事典 第2版の解説

しゅうかアンモニウム【臭化アンモニウム ammonium bromide】

化学式NH4Br。無色立方晶系の結晶。高温では岩塩型構造。137.8℃で低温型の塩化セシウム型構造に転移し,さらに低温でゆがんだ塩化セシウム型構造に変わる。辛味がある。塩化アンモニウムNH4Clと同様に,加熱により解離,昇華する。比重2.43。屈折率1.7108。水100gへの溶解度69.7g(15℃),145.6g(100℃)。エチルアルコール,エーテル,アセトン,液体アンモニアに可溶。水溶液は臭素と反応し,付加化合物NH4Br3(三臭化アンモニウム)をつくりやすい。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

しゅうか‐アンモニウム シウクヮ‥【臭化アンモニウム】

〘名〙 (アンモニウムはammonium) 化学式 NH4Br 辛い味の無色の結晶。加熱により昇華する。写真用臭化銀の製造原料、分析試薬、耐火用木材の不燃剤などに利用。臭素アンモニウム。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

化学辞典 第2版の解説

臭化アンモニウム
シュウカアンモニウム
ammonium bromide

NH4Br(97.94).臭化水素酸アンモニア水で中和するか,臭化鉄(Ⅱ)と臭化鉄(Ⅲ)の混合物に,アンモニアを作用させると得られる.無色結晶で,熱すると235 ℃(真空中)で昇華する.水,メタノール,エタノールエーテルアセトンに易溶.水溶液中ではBr2と付加物NH4Br3をつくりやすい.空気中に放置すると徐々に黄色になる.写真用臭化銀の製造原料,分析試薬,医薬品,耐火木材用不燃剤,防炎,腐食防止剤などに用いられる.[CAS 12124-97-9]

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android