コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

臭化アンモニウム しゅうかアンモニウム ammonium bromide

1件 の用語解説(臭化アンモニウムの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

しゅうかアンモニウム【臭化アンモニウム ammonium bromide】

化学式NH4Br。無色立方晶系の結晶。高温では岩塩型構造。137.8℃で低温型の塩化セシウム型構造に転移し,さらに低温でゆがんだ塩化セシウム型構造に変わる。辛味がある。塩化アンモニウムNH4Clと同様に,加熱により解離,昇華する。比重2.43。屈折率1.7108。水100gへの溶解度69.7g(15℃),145.6g(100℃)。エチルアルコール,エーテル,アセトン,液体アンモニアに可溶。水溶液は臭素と反応し,付加化合物NH4Br3(三臭化アンモニウム)をつくりやすい。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

臭化アンモニウムの関連キーワード三方晶系斜方晶系正方晶系炭酸カルシウム単軸結晶立方晶系六方晶系等方体弗化カルシウムラヴェス相

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone