コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三心(読み)さんしん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

三心
さんしん

仏教用語。 (1) 『観無量寿経』に説かれる3種の心をいう。至誠心 (真実に浄土を願う心) ,深心 (深く浄土を願う心) ,回向発願心 (所修の功徳を回向して浄土に往生しようと願う心) の三心をそなえているものは必ず浄土に往生できるという。 (2) 菩薩の起す3種の心。『大乗起信論』の所説で,直心 (真如を念じる心) ,深心 (すべての善行を身につけようとする心) ,大悲心 (すべての衆生を救おうとする心) の3種がある。また同じく『起信論』の所説には,初地以上の菩薩が起す三心として,真心 (はからいをこえた心) ,方便心 (衆生を恵もうとして働く心) ,業識心 (上の二心によって智慧が生じたときに,なお微細に働く心) がある。 (3) 凡夫の除きがたい3種の心。起事心,依根本心,根本心の3種をいう。 (4) 『成実論』の所説で,聖者が滅ぼさなければならない心。仮名心 (実我にとらわれた心) ,法心 (実法すなわち実体にとらわれた心) ,空心 (空にとらわれた心) の3種をいう。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

さん‐しん【三心】

《「さんじん」とも》仏語。浄土に生まれるために必要な3種の心。観無量寿経に説く、至誠心(しじょうしん)・深心(じんしん)・回向発願心(えこうほつがんしん)。無量寿経に説く、至心信楽(しんぎょう)・欲生(よくしょう)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

さんしん【三心】

〘仏〙 観無量寿経に説かれる、往生する者が具えなければならない三つの心。至誠心しじようしん・深心じんしん・廻向発願心えこうほつがんしんの総称。 〔真宗などで三信と区別して「さんじん」という〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

三心の関連情報