コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三心 さんしん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

三心
さんしん

仏教用語。 (1) 『観無量寿経』に説かれる3種の心をいう。至誠心 (真実に浄土を願う心) ,深心 (深く浄土を願う心) ,回向発願心 (所修の功徳を回向して浄土に往生しようと願う心) の三心をそなえているものは必ず浄土に往生できるという。 (2) 菩薩の起す3種の心。『大乗起信論』の所説で,直心 (真如を念じる心) ,深心 (すべての善行を身につけようとする心) ,大悲心 (すべての衆生を救おうとする心) の3種がある。また同じく『起信論』の所説には,初地以上の菩薩が起す三心として,真心 (はからいをこえた心) ,方便心 (衆生を恵もうとして働く心) ,業識心 (上の二心によって智慧が生じたときに,なお微細に働く心) がある。 (3) 凡夫の除きがたい3種の心。起事心,依根本心,根本心の3種をいう。 (4) 『成実論』の所説で,聖者が滅ぼさなければならない心。仮名心 (実我にとらわれた心) ,法心 (実法すなわち実体にとらわれた心) ,空心 (空にとらわれた心) の3種をいう。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

さん‐しん【三心】

《「さんじん」とも》仏語。浄土に生まれるために必要な3種の心。観無量寿経に説く、至誠心(しじょうしん)・深心(じんしん)・回向発願心(えこうほつがんしん)。無量寿経に説く、至心信楽(しんぎょう)・欲生(よくしょう)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

さんしん【三心】

〘仏〙 観無量寿経に説かれる、往生する者が具えなければならない三つの心。至誠心しじようしん・深心じんしん・廻向発願心えこうほつがんしんの総称。 〔真宗などで三信と区別して「さんじん」という〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

三心の関連キーワードヒナノシャクジョウ科日本電信電話(株)電力ケーブルヒガンバナ科スーパー三心ホシクサ科ようしん心斎橋筋曽我量深ハイネズ尾崎 豊梨元 勝第十八願ミクリ科浄土宗隆寛三信

今日のキーワード

内密出産

ドイツで2013年に法律が制定され、14年から実施されている妊婦支援の制度。母親は相談機関に実名で相談し身元を明かす証書を封印して預け、医療機関では匿名で出産する。子は原則16歳になったら出自を知るこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

三心の関連情報