孔融(読み)こうゆう

日本大百科全書(ニッポニカ)「孔融」の解説

孔融
こうゆう
(153―208)

中国、後漢(ごかん)末の儒者。字(あざな)は文挙(ぶんきょ)。魯(ろ)国魯県(山東(さんとう)省曲阜(きょくふ)市)の人。孔子(こうし)の二十世で、「建安(けんあん)の七子(しちし)」の一人に数えられる文章家でもある。10歳のとき、首都洛陽(らくよう)でもっとも名声の高かった李膺(りよう)を訪ね、「先祖である孔子は、あなたの先祖の李老君(りろうくん)(老子)と師友であったので面会してほしい」という機知により面会を許され、高く評価された。董卓(とうたく)による皇帝の廃立に抵抗して、黄巾(こうきん)の拠点の一つ北海(ほっかい)国(国は郡と同格の行政単位)の国相(こくしょう)(行政長官)とされたが、教育を尊重して学校を復興した。しかし、黄巾との戦いには敗れ、許(きょ)に招かれて少府(しょうふ)(皇室財政担当大臣)となった。やがて、曹操(そうそう)が漢を奪おうとすると厳しく批判した。曹操は当初、名声の高い孔融をはばかっていたが、漢を簒奪(さんだつ)するために孔融を殺害した。孔融が逮捕されたとき、9歳の息子と7歳の娘は、双六(すごろく)を止めなかった。「父が捕らえられたのにどうして立たないのか」と聞かれると、「巣が壊されて割れない卵がありましょうか」と答えたという。

[渡邉義浩]

『渡邉義浩著『「三国志」軍師34選』(PHP文庫)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「孔融」の解説

孔融
こうゆう
Kong Rong

[生]永興1 (153)
[]建安13 (208)
中国,後漢末の文学者。魯国(山東省兗州)の人。字,文挙。孔子子孫にあたる。若くして機知と胆力に富む逸事で名をあげ,侍御史,虎賁中郎将などを歴任黄巾の乱にあたって北海(山東省濰坊)の相となり,のち曹操幕下に加わり少府となった。そのため孔北海とも,また孔少府とも呼ばれる。しかし傲慢な性格でしばしば曹操に反発したため,ついに処刑された。残された詩文はあまり多くないが,「建安七子」の一人に数えられ,曹丕(→文帝)の『典論』では七子中の第一とされている。『孔北海集』(1巻)がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典「孔融」の解説

こう‐ゆう【孔融】

中国、後漢末の学者。孔子二〇代目の後裔(こうえい)。字(あざな)は文挙。魯(山東)の人。建安七子のひとり。献帝のとき北海相となり、学校をおこし、儒者を重んじた。後、太中大夫となる。晩年、曹操に憎まれ、一族とともに処刑された。「孔北海集」。(一五三‐二〇八

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android