コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

臼井治堅 うすい はるかた

2件 の用語解説(臼井治堅の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

臼井治堅

江戸後期の国学者・医者。因幡鳥取藩士。鳥取藩の徒士森善栄の弟、臼井重信の養子。本姓は森、初名は通仙、通称源三郎、号は銀杏下。藩医大島恭仙の内弟子。国学・和歌を飯田秀雄に学ぶ。後に池田慶徳に召され、尚徳館に出仕。著書に『文机の塵』等がある。嘉永6年(1853)歿、45才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

臼井治堅 うすい-はるかた

1809-1854* 江戸時代後期の医師,国学者。
文化6年生まれ。因幡(いなば)鳥取藩士。藩医大島恭仙の弟子。飯田秀雄に国学,和歌をまなぶ。のち京都で儒学と医学をおさめ,香川景樹,城戸千楯(ちたて)らとまじわる。嘉永(かえい)6年藩校尚徳館教授となった。嘉永6年12月16日死去。45歳。本姓は森。初名は修仙。通称は源三。号は銀杏下(いちょうがもと)。著作に「昼寝の枕」「銀杏の落葉」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

臼井治堅の関連キーワード三角了敬阿部古仙神戸習悦黄谷斎藤津守佐藤圭陰佐野宏沢田玄良百々俊道守矢祥庵

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone