コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

臼井治堅 うすい はるかた

美術人名辞典の解説

臼井治堅

江戸後期の国学者・医者。因幡鳥取藩士。鳥取藩の徒士森善栄の弟、臼井重信の養子。本姓は森、初名は通仙、通称源三郎、号は銀杏下。藩医大島恭仙の内弟子。国学・和歌を飯田秀雄に学ぶ。後に池田慶徳に召され、尚徳館に出仕。著書に『文机の塵』等がある。嘉永6年(1853)歿、45才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

臼井治堅 うすい-はるかた

1809-1854* 江戸時代後期の医師,国学者。
文化6年生まれ。因幡(いなば)鳥取藩士。藩医大島恭仙の弟子。飯田秀雄に国学,和歌をまなぶ。のち京都で儒学と医学をおさめ,香川景樹,城戸千楯(ちたて)らとまじわる。嘉永(かえい)6年藩校尚徳館教授となった。嘉永6年12月16日死去。45歳。本姓は森。初名は修仙。通称は源三。号は銀杏下(いちょうがもと)。著作に「昼寝の枕」「銀杏の落葉」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

歌舞伎町ブックセンター

東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストやホステスが書店員として接客する書店。歌舞伎町でホストクラブを運営するスマッパグループの事務所1階にあるイベント・カフェスペース「jimushono1kai」に併設さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android