コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

臼田畏斎 うすだ いさい

1件 の用語解説(臼田畏斎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

臼田畏斎 うすだ-いさい

1645-1690 江戸時代前期の儒者。
正保2年生まれ。備前岡山藩家老日置(へき)家の家臣。天和(てんな)2年同家をさり,母の姓を名のる。京都で藤井懶斎(らんさい),中村惕斎(てきさい)らとまじわる。儒学をおしえることをこのまず,薬をねって生計とし,学問をつづけた。母親への孝養で知られた。元禄(げんろく)3年10月7日死去。46歳。本姓は坂口。名は可久。通称は二郎介。
【格言など】生は生に任し,死は死に任す(辞世)

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

臼田畏斎の関連キーワードスペックスロトルー北島検校花岳寺亀井算グロティウス毛吹草洪昇猿ヶ石川東照宮

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone