コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

臼田畏斎 うすだ いさい

1件 の用語解説(臼田畏斎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

臼田畏斎 うすだ-いさい

1645-1690 江戸時代前期の儒者。
正保2年生まれ。備前岡山藩家老日置(へき)家の家臣。天和(てんな)2年同家をさり,母の姓を名のる。京都で藤井懶斎(らんさい),中村惕斎(てきさい)らとまじわる。儒学をおしえることをこのまず,薬をねって生計とし,学問をつづけた。母親への孝養で知られた。元禄(げんろく)3年10月7日死去。46歳。本姓は坂口。名は可久。通称は二郎介。
【格言など】生は生に任し,死は死に任す(辞世)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

臼田畏斎の関連キーワード飯田東渓飯室小櫃小倉無邪菅仲徹菊池元春周哲中村信斎深尾訒亭本内意慎茂呂鼇岳

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone