コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

舌小帯強直症(舌小帯短縮症/舌小帯癒着症) ぜつしょうたいきょうちょくしょうぜつしょうたいたんしゅくしょうぜつしょうたいゆちゃくしょう

1件 の用語解説(舌小帯強直症(舌小帯短縮症/舌小帯癒着症)の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

ぜつしょうたいきょうちょくしょうぜつしょうたいたんしゅくしょうぜつしょうたいゆちゃくしょう【舌小帯強直症(舌小帯短縮症/舌小帯癒着症)】

 舌を上にあげると、舌下面の真ん中に、舌の奥から先のほうに向かってすじ状にみられるのが舌小帯です。また、上くちびるを上に引っ張りあげると、上あごの左右前歯の真ん中にすじ状にみられるのが上唇小帯(じょうしんしょうたい)です。
 舌小帯強直症では、この舌小帯の一方が舌の先端近くに付着したり、下あごの前歯の内側の歯肉近くにまで付着しているので、舌の動きが非常に悪くなり、無理に舌を前方に出させると、舌の先端が後方にくびれます。
 先天性のものと、外傷や熱傷(やけど)のあとにおこる後天的なものがあります。
 舌の運動が悪くなるため、発音が不明瞭(ふめいりょう)になり、とくにサ行音、ラ行音などがはっきりしません。また舌小帯の異常緊張のため、下あごの正中(せいちゅう)(中心)の歯の間が開く正中離開(せいちゅうりかい)をおこします。
 生まれつき下あごの前歯が生えていたり(先天歯(せんてんし))、乳歯が早く生えたときに、その歯で舌小帯を傷つけることがあります(リガ・フェーデ病)。痛みが激しく、食事ができなくなりますので、歯科を受診して歯の切端を削り、丸めてもらう処置が必要です。
 もし将来の発音が心配なら、3歳前に舌小帯切除術または舌小帯延長術を行ないます。
 手術は比較的簡単ですが、乳児の場合は全身麻酔が必要です。3歳以降でも手術は行なえますが、手術後に発音練習が必要です。後天的な重症の強直症には、癒着部の剥離(はくり)後に粘膜移植や皮膚移植を行なうこともあります。

出典|小学館
家庭医学館について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone