コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

船村徹(読み)ふなむら とおる

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

船村徹 ふなむら-とおる

1932- 昭和後期-平成時代の作曲家。
昭和7年6月12日生まれ。昭和28年雑誌「平凡」の作曲コンクール入選作「たそがれとあの人」でデビュー。30年の「別れの一本杉」以後「王将」「なみだ船」「矢切の渡し」など演歌のヒット曲を生む。日本作曲家協会理事長,日本音楽著作権協会会長などをつとめる。平成20年文化功労者。栃木県出身。東洋音楽学校(現東京音大)卒。本名は福田博郎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

デジタル大辞泉の解説

ふなむら‐とおる〔‐とほる〕【船村徹】

[1932~2017]作曲家。栃木の生まれ。本名、福田博郎(ひろお)。昭和30年(1955)発表の「別れの一本杉」以後、演歌の作曲を数多く手がける。平成28年(2016)文化勲章受章。代表作「王将」「矢切の渡し」「みだれ髪」など。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

諂う/諛う

[動ワ五(ハ四)]人の気に入るように振る舞う。また、お世辞を言う。おもねる。追従(ついしょう)する。「上司に―・う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

船村徹の関連情報