船村徹(読み)ふなむら とおる

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

船村徹 ふなむら-とおる

1932- 昭和後期-平成時代の作曲家。
昭和7年6月12日生まれ。昭和28年雑誌「平凡」の作曲コンクール入選作「たそがれとあの人」でデビュー。30年の「別れの一本杉以後王将」「なみだ船」「矢切の渡し」など演歌のヒット曲を生む。日本作曲家協会理事長,日本音楽著作権協会会長などをつとめる。平成20年文化功労者。栃木県出身。東洋音楽学校(現東京音大)卒。本名は福田博郎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

デジタル大辞泉の解説

ふなむら‐とおる〔‐とほる〕【船村徹】

[1932~2017]作曲家。栃木の生まれ。本名、福田博郎(ひろお)。昭和30年(1955)発表の「別れの一本杉」以後、演歌の作曲を数多く手がける。平成28年(2016)文化勲章受章。代表作「王将」「矢切の渡し」「みだれ髪」など。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

カジノ解禁

石原慎太郎・東京都知事が1999年に臨海副都心のお台場への誘致を表明して以来、解禁論が何度も浮上してきた。カジノは刑法で禁止されているが、地方自治体には観光活性化や地域振興のために認めるべきだとの声が...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

船村徹の関連情報