船泊遺跡(読み)ふなどまりいせき

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

船泊遺跡
ふなどまりいせき

北海道礼文(れぶん)島北岸の海岸砂丘上に所在している遺跡。ここには縄文文化期とそれ以降の年代の遺跡があるが、1949年(昭和24)に行われた調査では、縄文文化中期~後期の遺物包含層から、土器、石器、骨角器などが出土した。土器は下層から円筒式、上層から後期の一連の土器が発見され、それぞれ舶泊下層式、同上層式と命名され型式分類が行われた。文様は斜行縄文を地文に、刻線文を主体に磨消(すりけし)手法が加えられている。またオホーツク文化の遺跡からは、仰臥屈葬(ぎょうがくっそう)の人骨が12体発見され、副葬品として骨角製垂飾(すいしょく)、石製管玉(くだたま)、骨鏃(こつぞく)、骨小刀、骨銛、骨針(こっしん)、鉄製刀子(とうす)、鉄製斧などが出土した。[大場利夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

グリンパティック系

脳内でリンパ系と同様のはたらきをもつ循環システム。グリア細胞(神経膠細胞)が血管周囲に形成したパイプ状の構造に脳脊髄液を循環させ、脳内に蓄積した老廃物を除去する。覚醒時より睡眠時の方がより活動的である...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

船泊遺跡の関連情報