色人(読み)イロビト

デジタル大辞泉の解説

いろ‐びと【色人】

美しくなまめかしい人。
「その名も月の―は」〈謡・羽衣
遊女。
「実(じつ)は今様の手本、いづれの―もこれを背かず」〈浮・御前義経記・五〉
色道に通じた人。通人。粋人。
「世の―の傾城(けいせい)狂ひする程に」〈浮・親仁形気・二〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

いろ‐びと【色人】

〘名〙 (「いろひと」とも)
① 容色の美しい人。美しくなまめかしい人。
※光悦本謡曲・羽衣(1548頃)「その名も月の色人は、三五夜中の空に又、満願真如の影となり」
(イ) 色事をもっぱらにする人。遊女。
浮世草子好色一代男(1682)四「内を見やれば、色人(イロヒト)ばかり集まり」
(ロ) 遊里に遊ぶ好色の男。粋人。通人。
※浮世草子・好色二代男(1684)一「聞書して、世伝(よでん)が二代男、近年の色人(イロヒト)残らず、是に加筆せし」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

色人の関連情報