コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

色人 イロビト

デジタル大辞泉の解説

いろ‐びと【色人】

美しくなまめかしい人。
「その名も月の―は」〈謡・羽衣
遊女。
「実(じつ)は今様の手本、いづれの―もこれを背かず」〈浮・御前義経記・五〉
色道に通じた人。通人。粋人。
「世の―の傾城(けいせい)狂ひする程に」〈浮・親仁形気・二〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

色人の関連キーワード皮膚がんが白色人種に多い理由モンゴロイド大人種コーカソイド大人種ニグロイド大人種ケープフラッツ産褥有痛白股腫ブルーメンバハコーカサス人種オイロピーデメスティーソタナグラ人形コーカソイドモンゴリアン黒人意識運動御前義経記イベリア人ニグロイド二重まぶたNAACP人種地理学

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

色人の関連情報