コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

色濃い イロコイ

デジタル大辞泉の解説

色(いろ)濃・い

ある傾向が強く現れている。「不況の影響が―・い地場産業」「焦る気持ちが―・く出ている」
衣服の色が濃い。特に、紫や紅の場合にいう。
「―・き衣(きぬ)に白き衵(あこめ)着たらむやうに見えて」〈更級
しつこい。どぎつい。
「片田舎の人こそ、―・く万(よろづ)はもて興ずれ」〈徒然・一三七〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

色濃いの関連キーワードコリツォフ(Aleksey Vasil'evich Kol'tsov)メンデルスゾーン:華麗なカプリッチョ ロ短調/piano soloセヴラック:休暇の日々から 第2集/piano solo鳥毛立女の図屏風・鳥毛立女の図屛風ウォーナー(Rex Warner)幻想市街劇「田園に死す」三沢編アントーニオ フォガッツァーロジーナ プリンス・バイスウッドギマランエス・ローザギマランイス・ローザカナダ国立バレエ団アルツィバーシェフショーデルグランザキントス[島]フォガッツァーロキュヘリベーケルオルフェウス教コメの流通制度緑のハインリヒギリシア宗教

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

色濃いの関連情報