コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

艶歌 ツヤウタ

デジタル大辞泉の解説

つや‐うた【艶歌】

みだらな歌。情事に関する歌。猥歌春歌。えんか。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の艶歌の言及

【演歌】より

…一方,70年代におけるニューミュージックの台頭により,〈ヨナ抜き音階〉により,〈こぶし〉をきかせ切々と歌い上げられる従来の歌謡曲は大半が〈演歌〉と呼ばれだした。すなわち,明治後期の軟派的な路線が演歌の主流を占めたので,〈艶歌〉や〈怨歌〉とも表現されるようにもなった。【倉田 喜弘】。…

※「艶歌」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

艶歌の関連キーワードわが命の唄 艶歌大久保 徳二郎石本美由起小沢 開作日本の悲劇芦田 伸介加藤 和彦五木ひろし秋本千波霧野ゆき鳥追い演歌師演歌

艶歌の関連情報