芋羊羹(読み)いもようかん

和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典「芋羊羹」の解説

いもようかん【芋羊羹】

和菓子の一種。さつまいもを蒸して裏ごしし、砂糖を加えて弱火にかけて練り、型に入れて固めたもの。寒天を用いて固めるものもある。東京・浅草本店のある和菓子店「舟和(ふなわ)」のものが有名。

出典 講談社和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典について 情報

デジタル大辞泉「芋羊羹」の解説

いも‐ようかん〔‐ヤウカン〕【芋羊×羹】

サツマイモを蒸してつぶし、砂糖を加えて作ったようかん。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「芋羊羹」の解説

いも‐ようかん ‥ヤウカン【芋羊羹】

〘名〙 サツマイモに砂糖や寒天を加えて作る羊羹。
※楡家の人びと(1964)〈北杜夫〉二「芋羊羹を丁寧に楊枝で切りながら」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android