コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

花大根 ハナダイコン

デジタル大辞泉の解説

はな‐だいこん【花大根】

アブラナ科の多年草。高さ40~90センチ。長楕円形の葉が互生する。5、6月ごろ、淡紫色の4弁花を総状につけ、香りを放つ。アジア北西部・ヨーロッパの原産で、明治初年に渡来。
ショカツサイ別名

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

はなだいこん【花大根】

花の咲いた大根。また、大根の花。 [季] 春。
アブラナ科の多年草。西アジア・ヨーロッパ原産。高さ約70センチメートル。葉は卵形または長楕円形。五、六月淡紫色の香りのよい四弁花を総状につける。
「諸葛菜しよかつさい」の俗称。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

花大根 (ハナダイコン)

学名:Orychophragmus violaceus
植物。アブラナ科二年草

花大根 (ハナダイコン)

植物。オオアラセイトウの別名,あるいはヘスペリスの和名

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

花大根の関連キーワードヨーロッパダイコン淡紫色多年草諸葛菜植物原産渡来大根俗称卵形総状

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android