コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

花実 カジツ

デジタル大辞泉の解説

か‐じつ〔クワ‐〕【花実】

花と実。
歌論用語で、外観と実質。表現と内容。
「中比(なかごろ)古今の時、―共に備はりて」〈無名抄

はな‐み【花実】

花と実。
名と(じつ)。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

かじつ【花実】

花と実。
(歌論・連歌論・俳論で)外形と実質。形式と内容。

はなみ【花実】

花と実。
名と実じつ
[句項目]

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の花実の言及

【虚実】より

… 日本では主として近世の俳諧や演劇の方面で用いられ,その芸術観,文学本質論,表現論等を記述する場合の重要概念となっている。表現論としての虚実論は,歌学歌論における花実論と類似した点があり,一部その伝統を受け継いでいる。歌論でいう〈花〉は,外面的修飾や理想化されたイメージを意味し,〈実〉は内面的真情やありのままの事実を意味するが,その究極的理想は花実相兼である。…

※「花実」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

花実の関連キーワード死んで花実が咲くものか桜伐る馬鹿梅伐らぬ馬鹿坂東三津五郎(3代)尾上菊五郎(初代)笠家左簾(初代)唯一神道名法要集深川湖十(4代)根葉花実論幡谷 東吾植木 正三油煙斎貞柳有島 鏡子本地垂迹説保高みさ子平野 宣紀鎌田柳泓田井安曇吉田神道吉田兼倶土屋宗俊

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

花実の関連情報