花山院家賢(読み)かざんいん いえかた

  • 花山院家賢 かざんいん-いえかた

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

1330-1366 南北朝時代の公卿(くぎょう)。
元徳2年生まれ。花山院師賢(もろかた)の子。北朝では従三位,権(ごんの)中納言。文和(ぶんな)4=正平(しょうへい)10年(1355)南朝につかえて権大納言となり,内大臣にすすんだ。号は妙光寺。歌は「新葉和歌集」にはいる。貞治(じょうじ)5=正平21年5月死去。37歳。
【格言など】筏(いかだ)おろす佐保の川風吹きぬらしうきて流るる秋の夕霧(「新葉和歌集」)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

児童相談所

子供の福祉に関する相談に応じ,援助などを行なう行政機関。児相と略称される。児童福祉法に基づき,都道府県と政令指定都市に設置が義務づけられている。運営は厚生労働省の局長通知,児童相談所運営指針にそって行...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android