コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

花山院家賢 かざんいん いえかた

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

花山院家賢 かざんいん-いえかた

1330-1366 南北朝時代の公卿(くぎょう)。
元徳2年生まれ。花山院師賢(もろかた)の子。北朝では従三位,権(ごんの)中納言。文和(ぶんな)4=正平(しょうへい)10年(1355)南朝につかえて権大納言となり,内大臣にすすんだ。号は妙光寺。歌は「新葉和歌集」にはいる。貞治(じょうじ)5=正平21年5月死去。37歳。
【格言など】筏(いかだ)おろす佐保の川風吹きぬらしうきて流るる秋の夕霧(「新葉和歌集」)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

花山院家賢の関連キーワード花山院長親母花山院長親妙光寺家賢花山院師賢

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android