コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

花布 カフ

デジタル大辞泉の解説

か‐ふ〔クワ‐〕【花布】

細かい花模様を染織したり、刺繍(ししゅう)したりした布。印花布。
更紗(サラサ)異称

はな‐ぎれ【花布】

製本で、中身の背の天と地との両端にはりつける布地本来補強目的としたが、現在は装飾用。頂帯。ヘッドバン。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

かふ【花布】

花の模様を染織または刺繡ししゆうした布。更紗サラサをいうことが多い。印花布。華布。

はなぎれ【花布】

本の部分の名。本製本の中身の背の上下両端にはりつけた布。本を丈夫にするとともに装飾の役目をする。ヘドバン。 → 製本

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

花布の関連キーワードブック・デザイン印花布・印華布ヘッドバンド琉球びんがた琉球の美術ヘドバンサラサ印花布造花染織更紗角布製本

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

花布の関連情報