コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

苆/寸莎 スサ

デジタル大辞泉の解説

すさ【×苆/×莎】

壁土にまぜて、ひび割れを防ぐつなぎとする材料。荒壁には藁(わら)を、上塗りには麻または紙を用いる。壁苆(かべすさ)。つた
[補説]「苆」は国字

つた【×苆/×莎】

すさ」の音変化。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

すさ【苆】

関東では一般に〈つた〉となまって呼ぶ。しっくい塗,ドロマイトプラスター塗の左官工事で塗材料に混合するもの。わらすさ紙すさ麻すさなどの種類があり,長さ3~5cmの繊維質のもので,材料をこね合わせるときに混ぜ,乾燥後の収縮ひびわれを分散させるのに効果がある。混入量は多いほうがよい。土物壁ではわらすさを用い,紙すさは,上等なしっくいの上塗に用いる。麻すさはしっくいやドロマイトプラスター壁に用いられ,麻の種類によって,マニラ麻を用いる白毛(しらが)すさ,ジュートを用いるナンキンすさなどの区別がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説


すさ

左官材料に混入される繊維状材料の総称で、塗り壁に発生しやすいひび割れの抑止を主目的とし、あわせて鏝(こて)塗り作業に必要な施工性を確保しようとするものである。使用の歴史はきわめて古く、『旧約聖書』「出エジプト記」5・7、5・12などでは、日干しれんがの作製に麦稈(ばっかん)を混入することが記されている。以来、洋の東西を問わず左官工事のあるところではかならずこの材料を使用しているが、とくに日本ではその使用法に優れ、種類も多い。[山田幸一]

">藁

壁土に対し使用するもので、切り藁(わら)(荒壁土用。稲藁を長さ3~9センチメートルに切断したもの)、中塗り(中塗り土用。もみともいう。古縄などを2センチメートル内外に切ってよくもみほぐしたもの)、切返し(切返し土用。もみ切返しともいう。中塗りを1センチメートル内外に切ったもの)、みじん(主として土物砂壁水ごね用。藁をよく打ち、3ミリメートル程度に切り、節を除き、水にさらしてあく抜きしたもの)の4種に大別される。いずれも藁は新しいものより、刈り入れてから相当年月を経過したものがよいとされている。[山田幸一]

">麻

大津壁、漆食(しっくい)(いずれも磨き仕上げを除く)、ドロマイトプラスターに使用するもので、苧(お)ともいう。浜(日本麻。船具のロープなどを切断してつくるのでこの名がある)、マニラ(マニラ麻製品の古物からつくる)、硝石(黄麻。チリ硝石を輸入したときの袋の古物からつくったのでこの名がある)、油(菜種油を搾った袋からつくる)などの種類があり、いずれも未晒(みさら)しのものは下・中塗り用に、漂白したものは上塗りに用いる。漂白したものは晒(さら)とよばれる。[山田幸一]

">紙

大津壁、漆食の磨き仕上げおよび漆食塗りの一種であるパラリ壁(京都御所、桂(かつら)離宮などに用いられている白色上塗り。通常の漆食が鏝押えされ平滑に仕上げられるのに対し、表面に粗粉や斑(まだら)を残した仕上げとするもの)に用いる。上質の和紙を水に浸し、よくたたいて繊維をほぐして使用する。[山田幸一]

無機質繊維

ガラス繊維、針状鉄線など。新しい製品で、主としてセメントモルタルに使用される。[山田幸一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

苆/寸莎の関連キーワード荒壁・粗壁苆・寸莎荒打ち切り藁葺き土泥大津黄大津壁土漆喰油苆苆藁粗苆

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android