コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

若女 ジャクジョ

デジタル大辞泉の解説

じゃく‐じょ〔‐ヂヨ〕【若女】

男色と女色。じゃくにょ。
「―両道を兼ねたる色道者」〈浮・禁短気・二〉

わか‐おんな〔‐をんな〕【若女】

能面の一。品位の高い若い女を表す。「熊野(ゆや)」「松風」などに用いる。
年の若い女。
「室内に―ありとて」〈名語記

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

わかおんな【若女】

年の若い女。
能面の一。「熊野ゆや」「松風」のシテなど、気品のある若い美女に用いる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の若女の言及

【能面】より

…喝食(かつしき),童子など美貌若年の面のなかにも,蟬丸や弱法師(よろぼし),猩々(しようじよう)といった特定面ができてくる。(4)は最も能面らしい表現のものといわれ,若い女面として小面(こおもて),増(ぞう),孫次郎,若女の4タイプがあり,それぞれ現在は流派によって使用を異にしている。やや老け役の面として曲見(しやくみ)と深井があり,これに霊性をもたせたものが泥眼(でいがん),増(十寸)髪(ますかみ),年たけた霊性のものとして霊女(れいのおんな),瘦女(やせおんな),老女,姥(うば)などがある。…

※「若女」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

若女の関連キーワード中村吉右衛門(旧・2代)実川 勇次郎(2代目)出来島小ざらし(2代)尾上多賀之丞(1世)三升屋助十郎(2代)河原崎国太郎(1世)中村喜代三郎(4代)桐野谷権十郎(2代)河原崎国太郎(初代)松本名左衛門(2代)三条勘太郎(3代)藤村半太夫(2代)小桜千之助(初代)佐野川花妻(初代)袖岡政之助(初代)姉川新四郎(2代)袖崎伊勢野(3代)沢村国太郎(3代)袖岡政之助(2代)榊山小四郎(5代)

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android