コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

若年性黒色腫(スピッツ母斑) じゃくねんせいこくしょくしゅすぴっつぼはん

1件 の用語解説(若年性黒色腫(スピッツ母斑)の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

じゃくねんせいこくしょくしゅすぴっつぼはん【若年性黒色腫(スピッツ母斑)】

 黒色腫といっても、悪性黒色腫とはちがい、良性の腫瘍(しゅよう)です。おとなにできることもありますが、おもに幼児にでき、急速に大きくなる特徴があります。
 顔面によくできますが、他の場所や色素性母斑(しきそせいぼはん)の病変内にできることもあります。腫瘍は円形ないし楕円形(だえんけい)をしてドーム状に盛り上がっており、色は淡紅色から褐色調のものが多く、表面はなめらかです。
 悪性黒色腫との区別がむずかしい場合がよくあります。
 治療は、切除が適当です。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

若年性黒色腫(スピッツ母斑)の関連キーワード悪性黒色腫黄色腫メラノーマ暗黒色黄色腫細胞結節性黄色腫泡沫細胞リンパ腫黒色腫 (melanoma)メラノーマ (melanoma)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone