コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

若年性黒色腫(スピッツ母斑) じゃくねんせいこくしょくしゅすぴっつぼはん

1件 の用語解説(若年性黒色腫(スピッツ母斑)の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

じゃくねんせいこくしょくしゅすぴっつぼはん【若年性黒色腫(スピッツ母斑)】

 黒色腫といっても、悪性黒色腫とはちがい、良性の腫瘍(しゅよう)です。おとなにできることもありますが、おもに幼児にでき、急速に大きくなる特徴があります。
 顔面によくできますが、他の場所や色素性母斑(しきそせいぼはん)の病変内にできることもあります。腫瘍は円形ないし楕円形(だえんけい)をしてドーム状に盛り上がっており、色は淡紅色から褐色調のものが多く、表面はなめらかです。
 悪性黒色腫との区別がむずかしい場合がよくあります。
 治療は、切除が適当です。

出典|小学館
家庭医学館について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone