コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

苦何首烏 ニガカシュウ

大辞林 第三版の解説

にがかしゅう【苦何首烏】

ヤマノイモ科のつる性多年草。山地の林縁に自生。地下にひげ根のある丸い黒色の塊根があるが、苦みが多く、食用にならない。塊根を食用にするカシュウイモはこの栽培品種。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

苦何首烏 (ニガカシュウ)

学名:Dioscorea bulbifera
植物。ヤマノイモ科のつる性多年草,薬用植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

苦何首烏の関連キーワードひげ根林縁

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android