苦艱(読み)クカン

デジタル大辞泉の解説

く‐かん【苦×艱】

つらい目にあって、苦しみ悩むこと。艱難
「地獄の―を訴える」〈芥川・芭蕉雑記〉

く‐げん【苦×艱】

苦しみ。苦難
「なる程生というものは―を離れない」〈鴎外青年

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

くかん【苦艱】

苦しみと悩み。難儀。 「袂を分つはただ一瞬の-なりと思ひしは/舞姫 鷗外

くげん【苦艱】

〔「げん」は呉音〕
苦しみ。苦難。 「人手を藉りて-を脱けるより外は無い/多情多恨 紅葉

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android