分つ/頒つ(読み)アカツ

デジタル大辞泉の解説

あか・つ【分つ/頒つ】

[動タ四]
分かち配る。あちこちに割り当てる。
「秦(はた)の民―・ち、臣連(おほむらじ)等おのおの欲(ねがひ)のままに」〈前田本雄略紀〉
分けて派遣する。
「駅使(はゆまづかひ)を四方(よも)に―・ちて」〈・中〉

わか・つ【分(か)つ/別つ】

[動タ五(四)]
一つのものを離して二つ以上にする。別々にする。分ける。「軍勢を二手に―・つ」
(「頒つ」とも書く)それぞれに分けて配る。分配する。「希望者には実費で―・つ」
見分けて決める。判断する。「理非を―・つ」「黒白を―・つ」
仕切る。区別する。「昼夜を―・たぬ突貫工事」
同じ感情をお互いに持ち合う。「悲しみを―・つ」
(「(たもと)をわかつ」の形で)人と別れる。また、同じ行動をしてきた仲間と縁を切る。「僚友と袂を―・つ」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android