コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

分つ/頒つ アカツ

デジタル大辞泉の解説

あか・つ【分つ/頒つ】

[動タ四]
分かち配る。あちこちに割り当てる。
「秦(はた)の民―・ち、臣連(おほむらじ)等おのおの欲(ねがひ)のままに」〈前田本雄略紀〉
分けて派遣する。
「駅使(はゆまづかひ)を四方(よも)に―・ちて」〈・中〉

わか・つ【分(か)つ/別つ】

[動タ五(四)]
一つのものを離して二つ以上にする。別々にする。分ける。「軍勢を二手に―・つ」
(「頒つ」とも書く)それぞれに分けて配る。分配する。「希望者には実費で―・つ」
見分けて決める。判断する。「理非を―・つ」「黒白を―・つ」
仕切る。区別する。「昼夜を―・たぬ突貫工事」
同じ感情をお互いに持ち合う。「悲しみを―・つ」
(「(たもと)をわかつ」の形で)人と別れる。また、同じ行動をしてきた仲間と縁を切る。「僚友と袂を―・つ」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

分つ/頒つの関連キーワード沈黙(遠藤周作の小説)デカルト哲学の基本概念インターラクショニズム北西クリスマス島海嶺ハクビシン(白鼻心)オニユリ(鬼百合)カンダラクシャ湾植木(園芸樹木)再生不良性貧血日韓大陸棚協定マオウ(麻黄)ビザンチオンお釣りの間男河東 碧梧桐クローデル言い被せるおめえっち母音大推移カスピの門直観主義

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android