コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

草場見節 くさば けんせつ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

草場見節 くさば-けんせつ

1844-1906 明治時代の陶業家。
弘化(こうか)元年生まれ。産婦人科の医師。明治維新後すたれていた唐津(からつ)焼の復興をはかり,明治22年窯をかまえ,陶工をあつめて製陶をはじめた。経営は軌道にのらず,見節の子が父の遺業をうけついだが,中止に追いこまれた。明治39年9月死去。63歳。肥前唐津(佐賀県)出身。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

草場見節の関連キーワード浜田義徳明治時代弘化

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android