コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

草木瓜 クサボケ

デジタル大辞泉の解説

くさ‐ぼけ【草×瓜】

バラ科の落葉小低木。山野に生え、高さ約50センチ。枝には小さな突起があり、葉は倒卵形。春、葉より先に赤色の5弁花をつけ、果実は熟すと黄色くなる。しどみ。地梨(じなし)。 花=春 実=秋》「―の紅(くれなゐ)冷えまさるなり/竜太」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

くさぼけ【草木瓜】

バラ科の落葉小低木。日当たりのよい地に群生する。高さ約40センチメートル。葉は倒卵形。早春、朱紅色の五弁花をつける。果実は球形で、黄熟し酸味が強い。シドミ。地梨じなし[季] 春。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

草木瓜 (クサボケ)

学名:Chaenomeles japonica
植物。バラ科の落葉小低木,園芸植物,薬用植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

草木瓜の関連キーワードボケ(木瓜)シドミ球形櫨子

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android