コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

草魚 クサウオ

デジタル大辞泉の解説

くさ‐うお〔‐うを〕【草魚】

カサゴ目クサウオ科の海水魚全長約45センチ。体はおたまじゃくし形で、皮膚がぶよぶよし、腹びれは吸盤となっている。体色は淡灰色で、暗色紋が散在する。本州中部以北の沿岸海底にすむ。
[補説]ソウギョ(草魚)は別種

そう‐ぎょ〔サウ‐〕【草魚】

コイ科の淡水魚。全長約1メートル。コイに似るが口ひげがなく、背は灰褐色腹面淡色。川や沼にすみ、雑食性であるが水草も好む。中国の原産利根川繁殖食用。ソーヒー。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

くさうお【草魚】

カサゴ目の海魚。全長50センチメートルに達する。体形は細長くて側扁する。頭はやや大きく、背びれ・尻びれは尾びれに連なり、胸びれは幅が広く、腹びれは吸盤状。体色は淡灰色で、暗青色斑が散在する。皮膚はぶよぶよして、食用にしない。本州以北の沿岸の海底に分布。カンテンウオ。 〔ソウギョは別の魚〕

そうぎょ【草魚】

コイ目の淡水魚。全長1メートルを超える。コイに似ているが口ひげがない。東アジア原産。植物性の餌を好む。食用。戦前中国より移入され、利根川水系で繁殖。ツァオユイ。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

草魚 (クサウオ)

学名:Liparis tanakae
動物。クサウオ科の海水魚

草魚 (ソウギョ)

学名:Ctenopharyngodon idella
動物。コイ科の淡水魚

出典|日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について | 情報

草魚の関連キーワードソウギョ(草魚)ツァオユイ胸びれ植物性草食魚外来魚

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

草魚の関連情報