コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

荒魂・和魂 あらみたま・にぎみたま

百科事典マイペディアの解説

荒魂・和魂【あらみたま・にぎみたま】

神道で神の霊魂働きの強い面をいう。霊魂は荒魂和魂二つの働きをもち,和魂はさらに幸魂(さきみたま)・奇魂(くしみたま)の二つの働きをもつ。荒魂は神威を畏(おそ)れる信仰の所産であると考えられる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

荒魂・和魂
あらみたまにぎみたま

古代日本人は、神霊は、異なった霊能をもつ別個の霊魂から複合的に構成されていると考え、これを2大別して荒魂・和魂とよんだ。荒魂は外面に表れた荒々しくたけだけしい面の作用をいい、これに対して和魂は柔和、仁慈の徳を備えている面をいう。普段は一つの神格のなかで統合されているが、ときには両者が分離し、単独に一神格として行動することもある。たとえば神功(じんぐう)皇后の三韓の役では、住吉(すみよし)三神の荒魂は日本軍の先鋒(せんぽう)となって先行したが、和魂は皇后に従って軍船を守護したと伝えられ、山口県下関市の住吉(すみよし)神社は荒魂を、大阪市の住吉神社は和魂をそれぞれ祀(まつ)っている。また奈良県桜井市の大神(おおみわ)神社の祭神は大己貴神(おおなむちのかみ)の和魂で、荒魂は摂社狭井(さい)神社が祀る。[大原康男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android