コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

荘司きく子 しょうじ きくこ

1件 の用語解説(荘司きく子の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

荘司きく子 しょうじ-きくこ

1869-1922 明治-大正時代の教育者。
明治2年9月9日生まれ。麹町(こうじまち)小学校,盛岡女学校,宮城女子師範などの教師をつとめる。半井桃水(なからい-とうすい)の妹と同級生で,桃水を友人の樋口一葉に紹介した。一葉の日記には,野々宮きく子,または菊子という名ででている。大正11年7月24日死去。54歳。下総(しもうさ)香取郡(千葉県)出身。東京高女卒。旧姓は野々宮。名はきく,起久とも。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

荘司きく子の関連キーワード会沢信彦天野勝市伊津野満仁太大津康田中不二富岡兵吉中島半次郎中村ユス古田貞由比質

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone