コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

荘司きく子 しょうじ きくこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

荘司きく子 しょうじ-きくこ

1869-1922 明治-大正時代の教育者。
明治2年9月9日生まれ。麹町(こうじまち)小学校,盛岡女学校,宮城女子師範などの教師をつとめる。半井桃水(なからい-とうすい)の妹と同級生で,桃水を友人の樋口一葉に紹介した。一葉の日記には,野々宮きく子,または菊子という名ででている。大正11年7月24日死去。54歳。下総(しもうさ)香取郡(千葉県)出身。東京高女卒。旧姓は野々宮。名はきく,起久とも。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

荘司きく子の関連キーワード大正時代教育者明治

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android