コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

荘司きく子 しょうじ きくこ

1件 の用語解説(荘司きく子の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

荘司きく子 しょうじ-きくこ

1869-1922 明治-大正時代の教育者。
明治2年9月9日生まれ。麹町(こうじまち)小学校,盛岡女学校,宮城女子師範などの教師をつとめる。半井桃水(なからい-とうすい)の妹と同級生で,桃水を友人の樋口一葉に紹介した。一葉の日記には,野々宮きく子,または菊子という名ででている。大正11年7月24日死去。54歳。下総(しもうさ)香取郡(千葉県)出身。東京高女卒。旧姓は野々宮。名はきく,起久とも。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

荘司きく子の関連キーワード藩学一覧女性参政権ブラジル文学田中源太郎宮嶋資夫宗谷本線日本共産党実業之日本伊庭八郎大村益次郎

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone