荘司きく子(読み)しょうじ きくこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

荘司きく子 しょうじ-きくこ

1869-1922 明治-大正時代の教育者。
明治2年9月9日生まれ。麹町(こうじまち)小学校,盛岡女学校,宮城女子師範などの教師をつとめる。半井桃水(なからい-とうすい)の妹と同級生で,桃水を友人の樋口一葉に紹介した。一葉の日記には,野々宮きく子,または菊子という名ででている。大正11年7月24日死去。54歳。下総(しもうさ)香取郡(千葉県)出身。東京高女卒。旧姓は野々宮。名はきく,起久とも。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android