コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

荻野沢之丞 おぎの さわのじょう

3件 の用語解説(荻野沢之丞の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

荻野沢之丞 おぎの-さわのじょう

1656-1704 江戸時代前期の歌舞伎役者。
明暦2年生まれ。初代荻野長太夫の高弟で,大坂荒木座で太夫号をえる。元禄(げんろく)5年江戸にいき,初代市川団十郎の相方をつとめ江戸女方の随一といわれた。宝永元年8月19日死去。49歳。京都出身。前名は荻野左馬之丞(初代)。通称は左七,香具屋藤十郎。俳名は袖香。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

荻野沢之丞

没年:宝永1.8.19(1704.9.17)
生年:明暦2(1656)
元禄期の若女形の歌舞伎役者。通称佐七,香具屋藤十郎。京では左馬之丞と称した。俳名袖香。若女形の荻野長太夫の門弟。元禄4(1691)年,京都の都万太夫座の「嫁鏡」で武士の女房に扮した荒木与次兵衛譲りの非人のやつしが大当たりで,以後嫁鏡物をお家芸とする。翌年江戸へ下って活躍した。同11年には一時引退して鬢付油店を営んだが,まもなく復帰。美貌で愛嬌があり口跡もさわやかで,三都の人々から「女形の随一」として親しまれた。元禄の初めに彼がかぶった,左右に鉛のおもりを付けた沢之丞帽子が,女性の間で流行したという。<参考文献>『歌舞伎評判記集成』1期,『日本庶民文化史料集成』6巻

(北川博子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

おぎのさわのじょう【荻野沢之丞】

1675‐1704(延宝3‐宝永1)
歌舞伎俳優で元禄期の名女方。一説に1656年(明暦2)生れ。通称佐七,香具屋藤十郎。京都では左馬之丞と称す。俳名袖香。1687年(貞享4)までに太夫号をとり,91年(元禄4)京の都万太夫座の《嫁鏡》は大当りであった。翌年江戸に下り,98年冬には引退して鬢付油店を営んだが翌年には舞台に復帰。愛嬌あって美しく,時代,世話の女房役にすぐれ,手負事,濡れ事やつし事に長じていた。【土田 衛】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

荻野沢之丞の関連キーワード元禄歌舞伎役者論語歌舞伎役者上村吉弥(3代)佐野川花妻(初代)段助中村数馬早川初瀬松本名左衛門(2代)水木辰之助(初代)

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone