コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

萩原葉子 はぎわらようこ

3件 の用語解説(萩原葉子の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

萩原葉子
はぎわらようこ

[生]1920.9.4. 東京,東京
[没]2005.7.1. 東京
作家。詩人萩原朔太郎の長女に生まれ,両親の離婚により祖母のもとで育てられた。母の不倫によって自分を含む子供 2人が捨てられたことがトラウマとなった。『父・萩原朔太郎』(1959,日本エッセイストクラブ賞)でデビューし,1966年敬愛する詩人三好達治人間像を彫琢した『天上の花――三好達治抄』(1966)で新潮社文学賞と田村俊子賞を受けた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

萩原葉子【はぎわらようこ】

小説家,随筆家。東京生れ。国学院大中退。萩原朔太郎の長女。《父・萩原朔太郎》(1959年)でエッセイストクラブ賞受賞,執筆生活に入る。三好達治の知られざる一面を浮き彫りにした《天上の花》(1966年)で新潮社文学賞・田村俊子賞を,自己の暗鬱な思春期を描いた《蕁麻(いらくさ)の家》(1976年)で女流文学賞を受賞。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

萩原葉子 はぎわら-ようこ

1920-2005 昭和後期-平成時代の小説家。
大正9年9月4日生まれ。萩原朔太郎(さくたろう)の長女。結婚,離婚をへて作家生活にはいる。昭和35年「父・萩原朔太郎」で日本エッセイスト・クラブ賞。40年「天上の花―三好達治抄」で田村俊子賞。51年自伝的小説「蕁麻(いらくさ)の家」で女流文学賞。「閉ざされた庭」「輪廻の暦」とかきつぎ,平成11年「蕁麻の家」3部作で毎日芸術賞をうけた。平成17年7月1日死去。84歳。東京出身。国学院大中退。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

萩原葉子の関連キーワード伊藤冨雄菊地吾郎熊田誠知念栄喜辻隆内藤祐次新島繁(2)西村竜介福田甲子雄矢口洪一

萩原葉子の関連情報