コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

萩原葉子 はぎわらようこ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

萩原葉子
はぎわらようこ

[生]1920.9.4. 東京,東京
[没]2005.7.1. 東京
作家。詩人萩原朔太郎の長女に生まれ,両親の離婚により祖母のもとで育てられた。母の不倫によって自分を含む子供 2人が捨てられたことがトラウマとなった。『父・萩原朔太郎』(1959,日本エッセイストクラブ賞)でデビューし,1966年敬愛する詩人三好達治人間像を彫琢した『天上の花――三好達治抄』(1966)で新潮社文学賞と田村俊子賞を受けた。どんなに家の恥になるようなことをしても,最後には父が守ってくれるという確信を心の支えにして生きていく自画像を描いた代表作『蕁麻(いらくさ)の家』(1976,女流文学賞),『閉ざされた庭』(1984),『輪廻の暦』(1997)の三部作が,1999年に毎日芸術賞と高橋元吉文化賞を受賞した。『朔太郎とおだまきの花』(2005)が遺作となった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

萩原葉子【はぎわらようこ】

小説家,随筆家。東京生れ。国学院大中退。萩原朔太郎の長女。《父・萩原朔太郎》(1959年)でエッセイストクラブ賞受賞,執筆生活に入る。三好達治の知られざる一面を浮き彫りにした《天上の花》(1966年)で新潮社文学賞・田村俊子賞を,自己の暗鬱な思春期を描いた《蕁麻(いらくさ)の家》(1976年)で女流文学賞を受賞。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

萩原葉子 はぎわら-ようこ

1920-2005 昭和後期-平成時代の小説家。
大正9年9月4日生まれ。萩原朔太郎(さくたろう)の長女。結婚,離婚をへて作家生活にはいる。昭和35年「父・萩原朔太郎」で日本エッセイスト・クラブ賞。40年「天上の花―三好達治抄」で田村俊子賞。51年自伝的小説「蕁麻(いらくさ)の家」で女流文学賞。「閉ざされた庭」「輪廻の暦」とかきつぎ,平成11年「蕁麻の家」3部作で毎日芸術賞をうけた。平成17年7月1日死去。84歳。東京出身。国学院大中退。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

萩原葉子の関連キーワード中野 英治

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android