コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

萩原葉子 はぎわらようこ

3件 の用語解説(萩原葉子の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

萩原葉子
はぎわらようこ

[生]1920.9.4. 東京,東京
[没]2005.7.1. 東京
作家。詩人萩原朔太郎の長女に生まれ,両親の離婚により祖母のもとで育てられた。母の不倫によって自分を含む子供 2人が捨てられたことがトラウマとなった。『父・萩原朔太郎』(1959,日本エッセイストクラブ賞)でデビューし,1966年敬愛する詩人三好達治人間像を彫琢した『天上の花――三好達治抄』(1966)で新潮社文学賞と田村俊子賞を受けた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

萩原葉子【はぎわらようこ】

小説家,随筆家。東京生れ。国学院大中退。萩原朔太郎の長女。《父・萩原朔太郎》(1959年)でエッセイストクラブ賞受賞,執筆生活に入る。三好達治の知られざる一面を浮き彫りにした《天上の花》(1966年)で新潮社文学賞・田村俊子賞を,自己の暗鬱な思春期を描いた《蕁麻(いらくさ)の家》(1976年)で女流文学賞を受賞。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

萩原葉子 はぎわら-ようこ

1920-2005 昭和後期-平成時代の小説家。
大正9年9月4日生まれ。萩原朔太郎(さくたろう)の長女。結婚,離婚をへて作家生活にはいる。昭和35年「父・萩原朔太郎」で日本エッセイスト・クラブ賞。40年「天上の花―三好達治抄」で田村俊子賞。51年自伝的小説「蕁麻(いらくさ)の家」で女流文学賞。「閉ざされた庭」「輪廻の暦」とかきつぎ,平成11年「蕁麻の家」3部作で毎日芸術賞をうけた。平成17年7月1日死去。84歳。東京出身。国学院大中退。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

萩原葉子の関連キーワードフルハイビジョンフルHDアメリカ演劇現代音楽変成相映画理論小作争議小協商地主制推理小説

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

萩原葉子の関連情報