三冠王(読み)さんかんおう

百科事典マイペディアの解説

三冠王【さんかんおう】

勝負の世界で,3つのタイトルを独占した者に与えられる称賛。野球では,打率打点本塁打の3部門のタイトルを独占することをいう。1938年,読売巨人軍の中島治康〔1910-1987〕が日本プロ野球史上初の三となった。しかし,その当時はまだ三冠王のタイトルはなく,その成績は戦後リサーチにより認められた。第2次大戦後では,ドラフト会議ドラフト制度参照)が始まった1965年に南海ホークス野村克也が2リーグ分裂後初めての三冠王に輝いた。つづいて,読売巨人軍が前人未踏の日本シリーズ9連覇を果たした1973年に,王貞治が3人目の三冠王となり,さらに王選手は翌1974年にも三冠王を獲得し,大リーグにも例をみない偉業を達成した。その他には,ロッテ・オリオンズ時代の落合博満(通算3回),阪急ブレーブスブーマーBoomer(本名グレゴリー・ウェルズ),阪神タイガースのランディー・バース(通算2回)が三冠王に輝いている。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

さんかん‐おう サンクヮンワウ【三冠王】

〘名〙 (triple crown の訳語)
① 野球の一シーズンにおいて、首位打者・打点王・本塁打王の三つのタイトルを独占した選手。
※完全試合(1961)〈佐野洋〉六「プロ野球初の三冠王が実現するかもしれない」
② スキー競技で、滑降・回転・大回転の三種目のいずれにも首位となった選手。現在では、スーパー大回転が加わり四冠王となる。
③ 一般に、特定の分野の三部門で一位となった人。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

さんかん‐おう〔サンクワンワウ〕【三冠王】

野球で、1シーズンに首位打者・打点王・本塁打王の三つのタイトルを獲得した選手。スキー競技などで、3部門で首位を独占した選手にもいう。トリプルクラウン。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android