コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

落合専右衛門 おちあい せんえもん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

落合専右衛門 おちあい-せんえもん

?-1784* 江戸時代中期の商人。
陸奥(むつ)青森の酒造業者で町年寄をつとめた。天明の飢饉(ききん)の際,弘前(ひろさき)藩に対し大坂への廻米停止の嘆願書起草。天明3年青森の町人による米屋などの打ちこわし騒動で捕らえられると,罪を一身にひきうけ,同年12月10日牢死。七十余歳で,当時は寺子屋の師匠だった。前名は伊勢屋市郎右衛門。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

落合専右衛門

没年:天明3.12.10(1784.1.2)
生年:正徳年間(1711~16)
天明3(1783)年7月の陸奥国(青森県)弘前藩領青森湊打ちこわしの指導者。伊勢屋市郎右衛門といい,青森大町で酒造を営み,町年寄番代を務めた上層町人。俳号九三子を持つ文化人でもあった。身代が傾き名も改め,晩年は手習い師匠で暮らす。七十余歳の専右衛門が廻米停止などを求める藩への嘆願書を起草。事件後,弘前に送られ,全責任をひとりで負い永牢に処せられ牢死した。

(山田忠雄)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

落合専右衛門の関連キーワードティチング唐来参和メリーランド州会議事堂フランクリン邦アトウッド市民劇ツンベルクディドロブレーバンク・オブ・アメリカ

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android