葬儀屋(読み)そうぎや

世界大百科事典 第2版の解説

そうぎや【葬儀屋】

葬具の販売,貸出し,および葬儀全般の世話をする業者。江戸後期には棺を売ったり葬具の賃貸をする者があり,棺屋,輿屋(こしや)と呼ばれた。明治になって,都市では共同体的な相互扶助の組織や慣習がくずれ,葬儀屋の必要が高まった。1886年1月7日の《朝野新聞》は,東京に神仏葬ともいっさいの葬具をそなえ,もとめに応じて葬式の用をたす業者の出現を報じている。現在では葬具の貸出し以外に,物品の調達,手続きの代行などをも含めたいっさいを請け負っている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の葬儀屋の言及

【葬式組】より

…土葬から火葬へ変化するとともに葬式組の役割は小さくなり,さらに村落社会の急激な変化はそれを促した。そして,それに代わって葬儀屋に依頼することが一般化してきた。葬式組から葬儀屋への移行は都市化の指標になるといってもよい重要な変化である。…

※「葬儀屋」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

葬儀屋の関連情報