コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蓄銭叙位令 ちくせんじょいれい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

蓄銭叙位令
ちくせんじょいれい

和銅4 (711) 年 10月,詔により施行された貨幣流通促進の策。同1年鋳造の和同開珎 (かいちん) が,当時の米,布などの物品経済に容易に浸透しなかったため,蓄銭の額により位階を昇叙し,貨幣の流通をはかろうとした。しかし法令ができたことによって,かえって地方の有力者銭貨が死蔵される結果となり,延暦 19 (800) 年に廃止された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ちくせんじょい‐れい〔チクセンジヨヰ‐〕【蓄銭叙位令】

和銅4年(711)銭貨の流通を図るために出された法令。一定の額を蓄えて政府に納めた者には位を与えるとしたが、銭貨の死蔵を招き、延暦19年(800)廃止。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

蓄銭叙位令の関連キーワード蓄銭叙位法元明天皇富本銭和銅

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android