コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蓍萩 メドハギ

2件 の用語解説(蓍萩の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

めど‐はぎ【××萩】

マメ科の多年草。野原に生え、高さ60~90センチ。茎は直立し、多数の枝を出すが横に広がらない。葉は密に互生し、3枚の線形の小葉からなる複葉。8~10月、紫色の筋のある白い小花をつけ、豆果は茶褐色で、種子が1個入っている。茎を筮(めどぎ)に用いた。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

めどはぎ【蓍萩】

マメ科の小低木状の多年草。荒地・草原などに多い。茎は直立して高さ約80センチメートル。葉は複葉で密に互生。小葉は篦へら形。夏から秋、葉腋に白色で紫の条線のある小花を開く。茎を筮めどぎとした。若芽は利尿・解熱薬とされる。メドギ。漢名、鉄掃箒てつそうしゆう

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone