コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メド

デジタル大辞泉の解説

めど【×蓍】

蓍萩(めどはぎ)」に同じ。〈和名抄
めどぎ」に同じ。〈和英語林集成
2を用いるところから》占い。
「机の数を改めしも、わが子は来たかと心の―」〈浄・手習鑑

めど‐ぎ【×蓍/×筮】

《「めどき」とも》で、占筮(せんぜい)のために用いる50本の細い棒のこと。もとは蓍萩(めどはぎ)の茎を使ったが、のちには多く竹で作ったので筮竹(ぜいちく)という。めど。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

めど【蓍】

メドハギの古名。 〔和名抄〕
めどぎ(筮) 」に同じ。
占い。 「我が子は来たかと心の-/浄瑠璃・菅原」
[句項目]

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

蓍 (メド)

植物。マメ科の多年草,薬用植物。メドハギの別称

蓍 (メドキ)

植物。キク科の多年草,園芸植物,薬用植物。ノコギリソウの別称

出典|日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について | 情報

世界大百科事典内のの言及

【易】より

… 筮という字は竹と巫からなる。巫は神と人との媒介者,すなわち〈みこ〉〈かむなぎ〉であるから,この文字は竹の棒(本来は蓍(めどぎ)という多年生植物の茎を使う)を媒介にして神意をうかがう占いをあらわす。一方,易は筮とそのテキストの呼名として広く使われるが,その語源については諸説がある。…

※「蓍」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

蓍の関連キーワードイワオウギ(岩黄蓍)芥子園画伝蓍に削り花金陵八家三宅元珉黒木欽堂星野文平薬用酒削り花卜筮蓍萩占筮方術王概三木三草

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android