(読み)メド

デジタル大辞泉の解説

めど【×蓍】

蓍萩(めどはぎ)」に同じ。〈和名抄
めどぎ」に同じ。〈和英語林集成
2を用いるところから》占い。
「机の数を改めしも、わが子は来たかと心の―」〈浄・手習鑑

めど‐ぎ【×蓍/×筮】

《「めどき」とも》で、占筮(せんぜい)のために用いる50本の細い棒のこと。もとは蓍萩(めどはぎ)の茎を使ったが、のちには多く竹で作ったので筮竹(ぜいちく)という。めど。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

めど【蓍】

〘名〙
① =めどはぎ(蓍萩)〔十巻本和名抄(934頃)〕
※尚書抄(16C前‐中)七「亀のうら、易のめとなどにて疑はしき事をかんがふべき也」
③ (②を用いてするところから) 占い。
※土井本周易抄(1477)一「初ハメドデハナイゾ」
※玉塵抄(1563)一七「蓍(メド)をとり亀のうらし九宮の方をえらびうらないの術をようしたぞ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のの言及

【易】より

… 筮という字は竹と巫からなる。巫は神と人との媒介者,すなわち〈みこ〉〈かむなぎ〉であるから,この文字は竹の棒(本来は蓍(めどぎ)という多年生植物の茎を使う)を媒介にして神意をうかがう占いをあらわす。一方,易は筮とそのテキストの呼名として広く使われるが,その語源については諸説がある。…

※「蓍」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

パッシングショット

テニスで、ネット際に進んできている相手のわきを抜く打球。パス。パッシング。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android