コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蕭雲従 しょううんじゅうXiao Yun-cong

3件 の用語解説(蕭雲従の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

蕭雲従
しょううんじゅう
Xiao Yun-cong

[生]万暦24(1596)
[没]康煕12(1673)
中国,明末,清初の文人画家。蕪湖 (安徽省) の人。字は尺木 (せきぼく) ,号は無悶道人,鍾山老人。明の崇禎年間に副貢生となったが,清朝には仕えなかった。詩文,書画,音楽に通じたが,ことに黄公望倪 瓚 (げいさん) にならった山水画にすぐれ,淡彩の美しい個性的画風を創始,姑熟派の祖に数えられる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

蕭雲従【しょううんじゅう】

中国,明末清初の画家。字は尺木,号は無悶道人・鐘山老人。安徽の人。明末に副貢生となったが,清朝に入ってからは仕えず詩書画に親しみ,その渇筆と潤筆とを自在に用いる山水画で盛名を博した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しょううんじゅう【蕭雲従 Xiāo Yún cóng】

1596‐1673
中国,清初の文人画家。字は尺木(せきぼく),号に無悶(むもん)道人,鍾山(しようざん)野老などがある。安徽省蕪湖の出身で1642年(崇禎15)副榜(ふくぼう)(郷試に合格しても挙人になれぬ者)となったが,2年後明朝が滅んだ後は世を避けて清朝に仕えず,遺民として終わった。呉派山水画を基礎に安徽派の様式を確立した。軸よりも手巻(横幅の長巻)に秀作がある。《太平山水詩画冊》は版刻されて日本の初期文人画家に影響を与えた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

蕭雲従の関連キーワードカソボン慶長写本とげぬき地蔵称念寺伏見城仙台市若林区荒浜朝日焼茨木今焼

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone