コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤井浩佑 ふじい

4件 の用語解説(藤井浩佑の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

藤井浩佑

彫刻家。東京生。東美校卒。初期には文展で活躍し、院展の同人に推された。院展を退いた後、帝国美術院会員になり、帝国芸術院会員に推された。昭和33年(1958)歿、75才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

藤井浩佑【ふじいこうゆう】

彫刻家。本名浩佑(ひろすけ)。東京生れ。父祐敬は木彫家。森川杜園らに学んだのち,1907年東京美術学校を卒業。文展第1回から出品し,第3回に《鏡の前》で3等賞。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

藤井浩佑
ふじいこうゆう

[生]1882.11.29. 東京
[没]1958.7.15. 熱海
彫刻家。本名浩佑 (ひろすけ) 。小山正太郎の不同舎に学び,のち奈良彫人形の大家森川杜園に師事。 1907年東京美術学校彫刻科を卒業。初期文展で活躍,16年よりは院展に出品し,彫刻部同人となる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

藤井浩佑
ふじいこうゆう
(1882―1958)

彫刻家。東京生まれ。1907年(明治40)東京美術学校彫刻科本科卒業、同年第1回文展に『狩』を出品以来、初期文展で『潭』『坑内の女』などで受賞を重ねた。16年(大正5)日本美術院彫刻部に移って同人となり、同彫刻部の主要メンバーとして活躍したが、36年(昭和11)文展審査員として『手鏡』を出品、日本美術院を退き、帝国美術院会員、37年帝国芸術院会員となり、以後、新文展、日展の審査員を歴任し、官展系彫刻に指導的役割を果たした。初め浩祐、53年(昭和28)ころから浩佑と称した。『トロを待つ坑夫』『浴女』『裸女』『踊女』など一貫して裸婦を題材に叙情的な作風を示した。[三木多聞]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

藤井浩佑の関連キーワード井芹蘇泉階乗合同NエヌNかMかN末端残基藤井浩祐Diaz de la Peña,N.

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone