コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤井能三 ふじい のうぞう

2件 の用語解説(藤井能三の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤井能三 ふじい-のうぞう

1846-1913 明治時代の実業家。
弘化(こうか)3年9月21日生まれ。生家は越中(富山県)射水郡伏木村(高岡市)の廻船問屋。明治6年県内初の伏木小学校を創設。8年伏木港に三菱汽船を誘致。また北陸通船を創立,伏木-直江津間などの定期航路をひらく。銀行や米商会所の設立にもつくした。大正2年4月20日死去。68歳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

藤井能三

没年:大正2.4.20(1913)
生年:弘化3.9.21(1846.11.9)
明治期の港湾改良者。越中国射水郡伏木町(富山県高岡市)の船問屋能登屋三右衛門の子。私費で伏木小学校,女子学校を作る。明治8(1875)年三菱会社代理店となり汽船を廻航させ,別に北陸通船会社を作った。灯台・測候所を作り,鉄道を引き,北前船の基地伏木港を明治22年に米など5品特別輸出港,同32年に開港場とする。また,ウラジオストク航路を開き,庄川の河口港であったが同川を分離し大型船の入港を可能とした。全私財を投じ対岸貿易を夢みた地域経済論者であり,日本海を眺望できる伏木小学校校庭に銅像がある。<参考文献>原田翁甫『三州船舶通覧』,高瀬保「富山県に於ける北前船主」(『日本歴史』274号),伏木港史編纂委員会編『伏木港史』

(高瀬保)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

藤井能三の関連キーワード伏木射水神社日本の港湾川岸甚左衛門仲家太郎吉能登屋三右衛門堀田くに堀二作藻谷伊太郎

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone