コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

苗字帯刀 みょうじたいとう

4件 の用語解説(苗字帯刀の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

苗字帯刀
みょうじたいとう

江戸時代,農工商などの庶民が名字 (苗字) を称し,帯刀するという士に準じる資格を許されることをいう。この資格には永代許可,一代限り,あるいは名字や帯刀の一方だけなどの別があった。明治維新後,帯刀は禁止,名字はだれでも名のれるようになった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

苗字帯刀【みょうじたいとう】

中世以来近世を通じての武士身分の基本的属性。近世に入って兵農分離刀狩を通じて武士固有の特権として制度的に確立。近世中期以降は百姓・町人に対しても諸藩の財政窮乏に従い献金などと引換えにその資格を乱発。
→関連項目大庄屋御用達中間本陣苗字浪人

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

みょうじたいとう【苗字帯刀】

中世以来近世を通じての武士身分の基本的属性。武士身分の基本単位は〈家〉であり,〈家〉とは父子相伝を基本とする一個の団体で,個々の家の支配領域ないし所有物としての家産(所領,禄米),〈武〉という伝来の家業,一個の団体の名としての家名の統一物であったが,この家名,家業ということにかかわって苗字,帯刀が武士身分の基本的属性をなしていた。もっとも,中世には上層農民の中にみずから武装し苗字を名のる者があったが,近世に入って兵農分離,刀狩等の一連の国家の政策によって,苗字帯刀が原則として武士身分に固有の特権であることが制度的に確定される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

苗字帯刀
みょうじたいとう

名字帯刀とも書く。江戸時代切捨御免(きりすてごめん)などとともに武士に許された特権の一つ。しかし、ときとして農工商の庶民にも許された。その多くは郷士をはじめ特別の由緒をもつ庄屋(しょうや)(名主(なぬし))、町年寄、御用商人などであり、ほかに孝行者や特別に功労のあったものなどがあった。だが、苗字と帯刀をともに許されるのはまれであり、苗字だけのもの、帯刀だけのもの、それも一代限りのもの、永代にわたるものなどさまざまであった。またそれらの例は幕府御領に少なく、大名領に多くみられたという。幕府は御領・私領のいかんを問わずにそれを許したが、その場合、特権は全国に通用した。しかし、大名・旗本の場合、特権は領内のものにしか許すことができず、その有効範囲も領内に限られた。苗字は社会的栄誉であり、帯刀は武士の政治的特権であったから、苗字のほうが帯刀よりも容易に許されたという。[北原章男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の苗字帯刀の言及

【大庄屋】より

…各宰判の中心役所を勘場といい,大庄屋はそこに詰めて勘場の諸役人を指揮した。大庄屋の多くは永代苗字帯刀御免で,その民政上の実力は藩の下級役人よりも強かった。加賀藩(外様大名)では大庄屋にあたるものを十村(とむら)といい,改作奉行の下にあって10ヵ村前後を統轄した。…

【中間】より

…侍(騎兵)が士分と称されたのに対し,中間は足軽(歩兵)とともに軽輩といわれた。また足軽にはおよそ苗字帯刀が許されたが,中間にはそうしたことはなかった。江戸幕府には540~560余人の中間(役高15俵一人扶持,御目見以下,羽織袴役,譜代席)があった。…

【冥加】より

…職人などは冥加つとめと称して無料で領主に奉仕し,あるいは人足などを提供した。領主財政が困窮すると領主はたびたび冥加金の上納を強要し,そのかわりに苗字帯刀の特権を与える例もみられるようになった。明治維新を迎えると,政府は〈商法大意〉を発布して諸問屋株による独占を解放し,株仲間に対する冥加はしばらくは旧慣によって徴収し,この間に租税制度の改革を進め,漸次その名称を廃止して国税に編入する措置をとった。…

【浪人(牢人)】より

…ちなみに,浪人の名儀は,維新に際会して消滅した。また浪人らは,士籍を失ったのちにも苗字帯刀を許されて武士のような体裁を保ったが,町方にあっては裏店(うらだな)の借家に住居し,身柄は町奉行の支配下におかれるなど,その法的身分は百姓,町人らとなんら変わるところはなかった。古代の浪人については〈浮浪・逃亡〉の項目を参照されたい。…

※「苗字帯刀」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

苗字帯刀の関連キーワード徒士地侍スエトニウス町人兵農分離リューネブルク基本的殿原アウグスブルク気脈を通じる

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone