コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤原乙叡 ふじわらの たかとし

2件 の用語解説(藤原乙叡の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤原乙叡 ふじわらの-たかとし

761-808 平安時代前期の公卿(くぎょう)。
天平宝字(てんぴょうほうじ)5年生まれ。南家藤原継縄(つぐただ)の次男。母は百済明信(くだらの-みょうしん)。父母の縁により,桓武(かんむ)朝で昇進。延暦(えんりゃく)13年(794)参議,19年従三位,25年中納言兼兵部卿。平城(へいぜい)天皇の即位後,皇太子時代の宴席での無礼をうらまれ,大同(だいどう)2年伊予(いよ)親王事件を理由に解任された。大同3年6月3日死去。48歳。

藤原乙叡 ふじわらの-おとえい

ふじわらの-たかとし

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

藤原乙叡の関連キーワード夫婦財産制百済王明信友部康志野生鳥獣の農業被害王維史思明節度使壬生寺薬師寺

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone