コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤原盛方 ふじわらの もりかた

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤原盛方 ふじわらの-もりかた

1137-1178 平安時代後期の官吏,歌人。
保延(ほうえん)3年生まれ。藤原顕時の子。母は平忠盛の娘。中宮大進(ちゅうぐうのだいじょう),出羽守(でわのかみ)を歴任。従四位下。注釈書「万葉集抄」の著者といわれる。「千載和歌集」以下の勅撰集に9首がはいっている。治承(じしょう)2年11月12日死去。42歳。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

藤原盛方の関連キーワード歌人保延官吏

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android