コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤原顕隆 ふじわらの あきたか

3件 の用語解説(藤原顕隆の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤原顕隆 ふじわらの-あきたか

1072-1129 平安時代後期の公卿(くぎょう)。
延久4年生まれ。藤原為房の次男。葉室家の祖。保安(ほうあん)元年(1120)従三位,3年参議,権(ごんの)中納言。のち正三位。白河上皇の側近として権勢をふるい「よるの関白」とあだ名された。大治(だいじ)4年1月15日死去。58歳。通称は葉室中納言。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

藤原顕隆

没年:大治4.1.15(1129.2.5)
生年:延久4(1072)
平安時代の公卿。号は葉室中納言。参議為房と源頼国の娘の子。後三条・白河院司として活躍した父と同じく,白河上皇の院司となり受領・弁官などを歴任。康和5(1103)年顕隆の五条高倉第で鳥羽天皇が誕生し,妻悦子は乳母となった。嘉承2(1107)年弁・蔵人・衛門佐を兼ねる三事兼帯となる。保安3(1122)年参議,権中納言。保安1年に白河法皇が関白藤原忠実の内覧を停止したのち,顕隆の権勢は「天下の政,この人の一言に在り」(『中右記』)とされ,「夜の関白」(『今鏡』)と称されるほどであった。日記『顕隆卿記』がある。<参考文献>高群逸枝『平安鎌倉室町家族の研究』,河野房雄『平安末期政治史研究』

(吉田早苗)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ふじわらのあきたか【藤原顕隆】

1072‐1129(延久4‐大治4)
平安後期の公卿。参議大蔵卿為房の次男。葉室家の祖。1087年(寛治1)院蔵人に補されて以来,院司として長く白河上皇に仕えたが,また堀河,鳥羽2代の乳母として勢威のあった従二位光子の甥に当たり,かつ妻の典侍悦子も鳥羽天皇の乳母となったため,鳥羽天皇には誕生以来近侍した。天皇の御服以下身辺の用度をつかさどる内蔵頭を10年近くも務めたのも,こうした縁故によるものであろう。1120年(保安1)従三位に昇り,たちまち参議から権中納言に進んだが,とくに関白藤原忠実が白河上皇の勘気にふれて失脚し,宇治に籠居した後は,〈天下の政,此の人の一言にあり〉といわれるほど権勢をほしいままにした。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内の藤原顕隆の言及

【葉室家】より

…藤原氏北家高藤の流れ,勧修寺家の分流。藤原為房の次男権中納言藤原顕隆を祖とする。その孫光頼(1124‐73)が山城国葛野郡葉室の地に営んだ別業にちなんで葉室を家号とした。…

※「藤原顕隆」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

藤原顕隆の関連キーワード参天台五台山記宣旨枡北陸新幹線延久大治覚性入道親王佳子内親王藤原経衡通仁親王明懐