コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

葉室家 はむろけ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

葉室家
はむろけ

藤原北家,高藤7代の孫為房の次男顕隆の流れ。顕隆は白河法皇の信任が厚く,一流は栄えた。権大納言極官家格名家。明治になって伯爵

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

はむろけ【葉室家】

藤原氏北家高藤の流れ,勧修寺家の分流藤原為房の次男権中納言藤原顕隆を祖とする。その孫光頼(1124‐73)が山城国葛野郡葉室の地に営んだ別業にちなんで葉室を家号とした。家格は名家。始祖顕隆は白河院の近臣として権勢を振るい,夜の関白と称され,孫光頼も剛直の人と知られ,平治の乱では藤原信西や平清盛とよしみを通じ,平氏政権樹立の道を開いている。また,光頼の孫光親は承久の乱で鎌倉幕府追討の宣旨を書いたために幕府のために斬られ,その子光俊も配流されている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

葉室家
はむろけ

藤原氏北家(ほっけ)の内大臣高藤(たかふじ)を始祖とする勧修寺(かじゅうじ)流より出た公家(くげ)で、権中納言(ごんちゅうなごん)葉室顕隆(はむろあきたか)を初代とする。高藤7代の孫葉室為房(はむろためふさ)が後三条・白河両天皇に近仕して家勢を再興、その次男顕隆は白河院執行別当(しぎょうべっとう)として権勢を振るい、兄為隆(ためたか)をしのいで嫡家の観を呈した。顕隆の息葉室顕頼(はむろあきより)も鳥羽(とば)院の権臣として活躍し、その息葉室光頼は後白河院政下の大剛(だいごう)の名臣とうたわれたが、その後は葉室光雅(はむろみつまさ)(1149―1200)・葉室宗頼(はむろむねより)(1154―1203)の2流に分かれた。その光雅流は、光雅の息葉室光親(はむろみつちか)(1176―1221)が承久(じょうきゅう)の乱に際して後鳥羽院の謀臣として処刑され、さらにその子孫が南朝に仕えて衰退したのに対し、宗頼は後白河・後鳥羽両院に近仕し、権臣源通親(みちちか)とも親交を結んで家勢をおこし、子孫代々、大・中納言を先途とする公卿(くぎょう)の地位を継承して江戸時代末に及んだ。家名は光頼が山城国葛野郡(かどのぐん)葉室(京都市西京区山田)に別業(べつぎょう)を営んだのに由来し、江戸時代の家格は名家(めいか)。明治の華族令により伯爵を授けられた。[橋本義彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

葉室家の関連キーワード藤原顕頼藤原顕長葉室顕隆藤原光頼

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android