コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤堂高文 とうどう たかぶみ

1件 の用語解説(藤堂高文の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤堂高文 とうどう-たかぶみ

1720-1784 江戸時代中期の武士,漢学者。
享保(きょうほう)5年生まれ。藤堂高朗(たかほら)の弟。藤堂出雲(いずも)家の6代。伊勢(いせ)津藩の家老をつとめたが,学問をこのみ,32歳で隠居し著述に専念。津藩の藩史「宗国史」を編修した。天明4年6月13日死去。65歳。字(あざな)は子樸(しぼく)。号は東山,魚目道人,大璞。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

藤堂高文の関連キーワードバロック音楽小野高尚福岡藩ティチング唐来参和徴用された朝鮮人らの遺骨問題江戸木遣り唄伊孚九蝦夷志王鳴盛

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone