コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤子不二雄 ふじこふじお

4件 の用語解説(藤子不二雄の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

藤子不二雄
ふじこふじお

藤本弘 (ふじもとひろし)   1933.12.1. 富山~1996.9.23. 東京 安孫子素雄 (あびこもとお)   1934.3.10. 富山~ 漫画家。藤子不二雄は藤本と安孫子の合作の筆名。中学生時代から共同で漫画を描き,1951年『天使の玉ちゃん』でデビュー

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ふじこ‐ふじお〔ふぢこフジを〕【藤子不二雄】

漫画家、藤本弘と安孫子素雄(あびこもとお)の合同ペンネーム。「オバケのQ太郎」「ドラえもん」「忍者ハットリくん」などの大ヒット作を次々と生み出し、国民的な人気作家となった。→藤子・F・不二雄藤子不二雄Ⓐ

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

藤子不二雄【ふじこふじお】

藤本弘(〔1933-1996〕。富山県高岡市生れ,高岡工芸高卒)と安孫子素雄(〔1934-〕。富山県氷見市生れ,高岡中部高卒)のコンビからなる漫画家。小学校時代に知り合い,中学時代に漫画の合作を始める。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

藤子不二雄
ふじこふじお

藤本弘、安孫子素雄(あびこもとお)の2人の漫画家の共同執筆時代のペンネーム。1987年(昭和62)、藤本弘は藤子・F・不二雄(ふじこえふふじお)、安孫子素雄は藤子不二雄として、独立して活動することになった。
 藤子・F・不二雄(1933―96) 漫画家。富山県生まれ。本名、藤本弘。小学校の同級生安孫子素雄とコンビを組み、藤子不二雄の名で漫画を描き出す。1964年(昭和39)『少年サンデー』に『オバケのQ太郎』を連載し大ヒット、アニメ化もされる。69年小学館の学年誌に『ドラえもん』(70年1月号)を連載し大ヒット。その後アニメ化もされてさらに人気を得る。80年代からアニメ版『ドラえもん』は世界中でテレビ放映され、その人気で単行本も翻訳されて世界中で読まれている。このほかの代表作は『パーマン』『21エモン』『ウメ星デンカ』『エスパー魔美』など。
 藤子不二雄(1934― ) 漫画家。富山県生まれ。本名、安孫子素雄。1953年(昭和28)『冒険王』に初の連載漫画『四万年漂流』を描く。64年『忍者ハットリくん』を『少年』に連載してヒット。代表作は『怪物くん』『まんが道』『劇画・毛沢東伝』『プロゴルファー猿』『添乗さん』『笑ゥせぇるすまん』など。映画にも造詣(ぞうけい)が深く、90年(平成2)、自らの原作をもとに映画『少年時代』を制作した。[清水 勲]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

藤子不二雄の関連キーワード藤本北海道上川郡剣淵町藤本町茨城県つくば市藤本栃木県足利市藤本町京都府京都市中京区藤本町京都府京都市下京区藤本寄町藤本貞清藤本弘藤本保広松本弘蔭

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

藤子不二雄の関連情報