藤子不二雄(読み)ふじこふじお

日本大百科全書(ニッポニカ)「藤子不二雄」の解説

藤子不二雄
ふじこふじお

藤本弘安孫子素雄(あびこもとお)(1934―2022)の2人の漫画家の共同執筆時代のペンネーム。1987年(昭和62)、藤本弘は藤子・F・不二雄(ふじこえふふじお)、安孫子素雄は藤子不二雄として、独立して活動することになった。

 藤子・F・不二雄 漫画家。富山県生まれ。本名、藤本弘。小学校の同級生安孫子素雄とコンビを組み、藤子不二雄の名で漫画を描き出す。1964年『少年サンデー』に『オバケのQ太郎』を連載し大ヒット、アニメ化もされる。1969年小学館の学年誌に『ドラえもん』(1970年1月号)を連載し大ヒット。その後アニメ化もされてさらに人気を得る。1980年代からアニメ版『ドラえもん』は世界中でテレビ放映され、その人気で単行本も翻訳されて世界中で読まれている。このほかの代表作は『パーマン』『21エモン』『ウメ星デンカ』『エスパー魔美(まみ)』など。

 藤子不二雄 漫画家。富山県生まれ。本名、安孫子素雄。1953年『冒険王』に初の連載漫画『四万年漂流』を描く。1964年『忍者ハットリくん』を『少年』に連載してヒット。代表作は『怪物くん』『まんが道』『劇画・毛沢東伝』『プロゴルファー猿』『添乗さん』『笑ゥせぇるすまん』など。映画にも造詣(ぞうけい)が深く、1990年(平成2)、自らの原作をもとに映画『少年時代』を制作した。

[清水 勲]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

百科事典マイペディア「藤子不二雄」の解説

藤子不二雄【ふじこふじお】

藤本弘(〔1933-1996〕。富山県高岡市生れ,高岡工芸高卒)と安孫子素雄(〔1934-〕。富山県氷見市生れ,高岡中部高卒)のコンビからなる漫画家。小学校時代に知り合い,中学時代に漫画の合作を始める。手塚治虫の《新宝島》を読んで漫画家を志し投稿を繰り返した後,1951年《天使の玉ちゃん》でデビュー。1954年手塚のすすめで上京トキワ荘に住み寺田ヒロオ赤塚不二夫石ノ森章太郎らと親交を持つ。《海の王子》(1959年)で評価を確立。1964年連載開始の《オバケのQ太郎》のころより個別に制作,藤本は《ドラえもん》《パーマン》など,安孫子は《怪物くん》《魔太郎がくる!!》などを手がける(発表は共同名義)。1988年コンビを解消し,藤本は藤子・F・不二雄,安孫子は藤子不二雄Aの名義で発表。半自伝的作品に《まんが道》(藤子不二雄A)がある。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「藤子不二雄」の解説

藤子不二雄
ふじこふじお

藤本弘 (ふじもとひろし)   1933.12.1. 富山~1996.9.23. 東京 
安孫子素雄 (あびこもとお)   1934.3.10. 富山~ 
漫画家。藤子不二雄は藤本と安孫子の合作の筆名。中学生時代から共同で漫画を描き,1951年『天使の玉ちゃん』でデビュー。 1954年上京。 1964年から『少年サンデー』誌に『オバケのQ太郎』を連載,人気を呼ぶ。 1970年から代表作『ドラえもん』の連載開始。アニメ化もされ子供たちの圧倒的支持を得る。アジア諸国をはじめ,海外においてもその人気は高い。子供の日常と夢をテーマとし,『怪物くん』 (1966) ,『パーマン』 (1967) など人気作品は多数。 1987年から藤本は藤子・F・不二雄,安孫子は藤子不二雄 (A) として独自の執筆活動を始めたが,1996年,藤本は肝不全で死亡。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉「藤子不二雄」の解説

ふじこ‐ふじお〔ふぢこフジを〕【藤子不二雄】

漫画家、藤本弘と安孫子素雄あびこもとおの合同ペンネーム。「オバケのQ太郎」「ドラえもん」「忍者ハットリくん」などの大ヒット作を次々と生み出し、国民的な人気作家となった。→藤子・F・不二雄藤子不二雄Ⓐ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

上半期

会計年度などで、1年を2期に分けた前半の6か月。上期かみき。⇔下半期しもはんき。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android