コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

赤塚不二夫 あかつかふじお

6件 の用語解説(赤塚不二夫の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

赤塚不二夫
あかつかふじお

[生]1935.9.14. 満州,奉天
[没]2008.8.2. 東京,文京区
まんが家。本名赤塚藤雄。満州で生まれ,第2次世界大戦後に当地から引き揚げ,奈良県,新潟県で育つ。新潟県内の中学校を卒業して上京,働きながらまんがの修行を始めた。1956年『嵐をこえて』でデビュー

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

知恵蔵の解説

赤塚不二夫

ギャグ漫画の巨匠として知られる漫画家。本名は赤塚藤雄。1935年、旧満州生まれ。2008年8月2日肺炎により死去。代表作は『おそ松くん』『ひみつのアッコちゃん』『天才バカボン』など多数。65年に『おそ松くん』で小学館漫画賞、97年に日本漫画家協会文部大臣賞などを受賞。98年に紫綬褒章を受章。
終戦後の46年、日本へ帰国。奈良県、新潟県で少年時代を過ごす。手塚治虫の『ロストワールド』に影響を受け、漫画家を志した。中学卒業後は地元で就職するが54年に上京。化学薬品工場で工員として働きながら「漫画少年」に投稿を始め、56年に貸本漫画でデビュー。『嵐をこえて』という少女漫画だった。石ノ森章太郎 (当時は石森章太郎)のアシスタントをしていたこともあり、同年、彼の住んでいたトキワ荘に入居して本格的に作品制作を始める。
しばらくアシスタント生活が続くが、58年に「漫画王」にて初の月刊連載『ナマちゃん』を発表。その後短編を制作し、62年から、代表作となる、六つ子が主人公の『おそ松くん』を「週刊少年サンデー」で、女の子が魔法で変身する『ひみつのアッコちゃん』を「りぼん」で連載。さらに67年から『天才バカボン』を「週刊少年マガジン」で、『もーれつア太郎』を「週刊少年サンデー」で連載し始めた。
ナンセンスギャグが特徴で、パワーあふれる作風は高度経済成長期の時代と相まってサラリーマンからも強い支持を得た。「シェー!」「これでいいのだ!」「ニャロメ!」など、漫画のキャラクターが発するセリフは流行語となり、主要な作品が繰り返しアニメ化された。また、作品には批判や風刺も盛り込まれた。例えば、60年安保闘争後の作品『天才バカボン』などに登場する、すぐにピストルを撃つ「目ン玉つながりのおまわりさん」は機動隊を、『もーれつア太郎』に出てくる「ニャロメ」は全学連を表した。
交友関係が幅広く、才能ある若者を支援したことでも有名。『釣りバカ日誌』の北見けんいち、『総務部総務課山口六平太』の高井研一郎など、赤塚不二夫のアシスタントからデビューし人気漫画家となった者も多い。タレントタモリ映画監督山本晋也などをまだ無名の頃に見いだし、デビューの後押しをした。
破天荒な生活でも知られ、飲酒で体を壊した。98年に食道がんを公表。療養のため入退院を繰り返すも、週刊連載などを精力的にこなした。闘病生活中も大好きな飲酒をやめることはなかった。2002年に脳内出血で倒れてからは、ほとんど意識が戻らないままとなっていた。

(富岡亜紀子 ライター / 2008年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」
知恵蔵について | 情報

デジタル大辞泉の解説

あかつか‐ふじお〔‐フジを〕【赤塚不二夫】

[1935~2008]漫画家。満州の生まれ。本名、藤雄。強烈な個性を持つキャラクターが登場するギャグ漫画で幅広い人気を得る。数々の流行語を生み出し、子供のみならず、大人にも多大な影響を与えた。代表作は「おそ松くん」「天才バカボン」「もーれつア太郎」「ひみつのアッコちゃん」など。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

赤塚不二夫【あかつかふじお】

漫画家。本名赤塚藤雄。旧満州生れ。手塚治虫の《ロストワールド》を読み漫画家を志す。新潟県四ツ谷中学卒業後,広告看板店勤務をへて上京,化学薬品工場で働く。19歳のころ石ノ森章太郎主宰の同人誌《墨汁一滴》に参加。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

赤塚不二夫 あかつか-ふじお

1935-2008 昭和後期-平成時代の漫画家。
昭和10年9月14日満州(中国東北部)生まれ。新潟県の中学を卒業後上京し,投稿をつづける。昭和37年「おそ松くん」が大ヒットし,40年小学館漫画賞。「天才バカボン」「もーれつア太郎」など強烈なキャラクターによるギャグ漫画とおおくの流行語を生みだす。平成9年日本漫画家協会文部大臣賞。平成20年8月2日死去。72歳。本名は藤雄。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

赤塚不二夫
あかつかふじお
(1935―2008)

漫画家。中国(満州)生まれ。戦後まもなく中国から引揚げ奈良、新潟で育つ。中学卒業後上京し、工員として働きながら漫画を投稿。このころ石森章太郎(石ノ森章太郎)を中心とする「東日本漫画研究会」に参加。また、豊島(としま)区椎名(しいな)町のトキワ荘に移り、石森、藤子不二雄、水野英子らと共同生活をする。1958年(昭和33)、『漫画王』に『ナマちゃん』を連載しヒット。1962年『おそ松くん』を『少年サンデー』に連載、「シェー」「ダヨーン」といった流行語を生み出し大ヒット作となる。その後も『ひみつのアッコちゃん』『天才バカボン』『もーれつア太郎』『ギャグゲリラ』などの傑作を生み出し、長谷川町子と並んで戦後ギャグ漫画家の象徴的存在となる。土田よしこ、古谷三敏、北見けんいちなどが赤塚のフジオ・プロから巣立った。1997~1998年(平成9~10)、静岡、東京など全国各地で赤塚不二夫展を開催。そのほかの作品に『笑笑キョンシーズ』『へんな子ちゃん』『狂犬トロツキー』『レッツラゴン』など。[清水 勲]
 1965年(昭和40)に小学館漫画賞、1972年(昭和47)に文芸春秋漫画賞を受賞。1998年(平成10)には紫綬褒章を受章している。2003年(平成15)に東京都青梅市に青梅赤塚不二夫会館が完成した。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

赤塚不二夫の関連キーワード日本浪曼派治安維持法挟みトヨダトラックG1型雪之丞変化芥川賞直木賞日本共産党予讃線文学賞

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

赤塚不二夫の関連情報