コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤岡好古 ふじおか よしふる

2件 の用語解説(藤岡好古の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤岡好古 ふじおか-よしふる

1846-1917 明治-大正時代の国語学者,神職。
弘化(こうか)3年1月生まれ。堀秀成(ひでなり)門下で,国学,言語学を研究。明治5年教部省につとめ,田島神社などの神職をへて,21年神宮教大教正。のち神宮奉斎会会長,東京府神職連合会会長。大正6年6月17日死去。72歳。江戸出身。本姓は青山。著作に「校訂音義全書」。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

藤岡好古

没年:大正6.6.17(1917)
生年:弘化3.1(1846)
明治大正時代の国語学者,神官。旧姓は青山,藤岡良左衛門の養子。江戸浅草生まれ。堀秀成の門下で国学を学び,特に音韻学について造詣を深めた。明治5(1872)年,教部省に入る。同7年,皇太神宮禰宜権大講義。同19年以降,神宮教院弁理,神宮教管長,神部署参務員,臨時仮名遣調査委員などを歴任した。また,論文「国語と霊魂」を『神社協会雑誌』(1909~10)に発表。大正1(1912)年神宮神部署主事となり,同4年には東京府神職会長に挙げられた。同6年,日本大学宗教科の開講式に出席,講演中に脳溢血で死亡。編書に堀秀成著の『音義全書』がある。

(古田島洋介)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

藤岡好古の関連キーワード吉沢義則時枝誠記保科孝一浅田栄次井上翠岡田正美黒野義文栄田猛猪虎居徳二山口小太郎

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone