コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤島の戦 ふじしまのたたかい

世界大百科事典 第2版の解説

ふじしまのたたかい【藤島の戦】

1338年(延元3|暦応1)越前国吉田郡藤島(現,福井市)付近で行われた,南朝方新田義貞軍と足利方斯波高経(しばたかつね)軍との戦闘。この戦いで義貞は討死する。前年3月の同国金崎城陥落に先立って同城を脱出した義貞は,同国国人瓜生保(うりゆうたもつ)の居城杣山(そまやま)城に拠って,同国足羽(あすわ)城に拠る越前守護斯波高経に対抗した。《太平記》によると,義貞は同国平泉寺(へいせんじ)衆徒の過半や加賀国人多数を味方にして高経軍を攻め,この年2月同国府中(武生市)を占領した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

藤島の戦の関連キーワード燈明寺畷新田義貞戦没伝説地藤島神社